top of page
  • 執筆者の写真竹内

ぐっすり眠れるホルモンの活性化の仕方

夜ぐっすり寝れていますか?

寝つきが悪い・眠りが浅い方必須の栄養素のご紹介!




お客様の中で寝つきが悪い・眠りが浅いといった声もよく聞きます。

そこで今日は、活性化させるとぐっすり眠れると言われているあるホルモンについてのご紹介です🛏️



そのホルモンとは、





/

メラトニン

\



日が暮れ始めると脳内で合成が始まり

大量に分泌されることで

深い眠りに導いてくれます😴




では実際にどうしたらメラトニンを活性化させるのかと言うとメラトニンの合成に必要な栄養素を摂取すること!



メラトニンの合成に欠かせないのは

マグネシウムです。




マグネシウムを多く含む食べ物とは


/

わかめなどの海藻類

大豆製品

ごま

ナッツ類

バナナ

アボガド

\




・お味噌汁にわかめ、豆腐を入れたり、

ごはんには、ごまのふりかけや納豆。



・小腹が空いたらミックスナッツを食べる!



・時間がない時にはヨーグルトにバナナときな粉をトッピングしてもいいですね!



すっきり寝たい方には朝に牛乳もおすすめ🥛

牛乳のたんぱく質には睡眠ホルモン「メラトニン」の原料となるトリプトファンが豊富に含まれています。

(*トリプトファンがメラトニンに変換されるまでは15時間前後かかるので朝の摂取がおすすめ)




トリプトファンは、体内で作ることのできない必須アミノ酸なので、食べ物から摂る必要があります。

朝食には、牛乳などの乳製品や納豆などの大豆製品を取り入れましょう。




その他注意したいこと↓

  • 朝日を浴びて体内時計をリセット

  • 寝る2時間前までに、お風呂で体を芯まで温める

  • 寝る前は覚醒作用のあるアルコールやカフェインは避ける

  • 携帯やパソコンのブルーライトも寝る1時間前までに使用を終える




睡眠の質を上げたい方はぜひ試してみてください☺️




浜名区

リラクゼーションサロンストリー

竹内

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


Post: Blog2_Post
bottom of page